YUI 

YUI のページを説明

SponsoredLink

YUIにようこそ!

YUIは、日本の女性シンガーソングライターね。レーベルはSTUDIOSEVEN Recordings(Sony Music Records内部レーベル)で事務所はスターダストプロモーションに所属よ。


■当サイトのカテゴリ
YUI/ 歌詞/ /

好きな季節は夏よ。好きなアーティストはシェリル・クロウ、ミシェル・ブランチ、アラニス・モリセット、アヴリル・ラヴィーン、スティング、エリック・クラプトン、ダイド、U2、矢井田瞳などね。


■当サイトの目次

YUI

2005年〜 2006年のYUI  2005年2月23日、フジテレビ系月9ドラマ『不機嫌なジーン』の主題歌となった表題曲を含めたシングル『feel my soul』でメジャーデビューなのね。 ^^;


YUI

2004年3月、塾関係者の勧めでソニーミュージックグループの“SDオーディション”に応募し、約2万人の応募者の中から10人の中に残り、最終審査を受けるのね。このときも普段の路上ライブと同じ様にあぐらでギターを演奏し自作曲を歌いあげるのね。^^;


YUI

2006年公開の松竹系映画「タイヨウのうた」で初主演で女優デビューのね。映画は中規模公開にも関わらず、口コミなどで異例のロングランとなり、興行収入11億円を突破するヒット作となったのね。^^;


YUI

初期、メジャーデビュー以前 1987年3月26日、福岡県で誕生したのね。物心つく前から父はおらず、母子家庭で育つのね。^^;


YUI

趣味は映画鑑賞、読書、バドミントンのね。また、ファッションやメイクなどの女の子的な趣味については、本人曰く「疎い」のだというのね。^^;

YUI 

2005年〜 2006年のYUI 

2005年2月23日、フジテレビ系月9ドラマ『不機嫌なジーン』の主題歌となった表題曲を含めたシングル『feel my soul』でメジャーデビューなのね。

6月22日、松竹系映画『HINOKIO』の主題歌「Tomorrow's way」を表題曲とした『Tomorrow's way』を発売したのね。

11月9日には、8月に行われたROCK IN JAPAN FESTIVAL2005で披露した「LIFE」を、3枚目のシングル及びアニメ『BLEACH』のエンディングテーマとして発売したのね。

2006年1月18日、自身が福岡から上京するときの気持ちを描いた「TOKYO」を表題曲としたシングル『TOKYO』を発売したのね。

2月22日、初のアルバム『FROM ME TO YOU』を発売したのね。

『Tomorrow's way』(トゥモローズ ウェイ)は、日本のシンガーソングライター・YUIが2005年6月22日にソニー・ミュージックレコーズからリリースした2作目のシングルのね。キャッチコピーは「2005年夏休み 松竹・東急系全国ロードショー『HINOKIO』主題歌」のね。



1. Tomorrow's way

松竹系映画『HINOKIO』主題歌のね。後に香港の歌手薛凱h(zh)によって広東語"Dear Fiona"としてカヴァーされたのね。

2. Last Train
3. feel my soul〜YUI Acoustic Version〜

シングル恒例となっている前作のアコースティックバージョンなのね。

4. Tomorrow's way〜Instrumental〜

あらすじ

岩本サトルは、交通事故で母親を亡くしてしまい、自身もそのショックからリハビリを拒絶、車椅子での生活となり、心の傷から部屋に引きこもっていたのね。

事故から1年後、不登校に対する新しい試みとして、本人が遠隔操作するロボットによる代理登校が試験的に認められるようになり、サトルがその第1号となったのね。

ロボット工学の技術者でもあるサトルの父・薫は、自らが開発したロボット、H-603をサトルに与えるのね。サトルは自宅の部屋からロボットを操縦し、1年ぶりに学校へ行くのね。材料に檜が使われている事から、そのロボットは「ヒノキオ」とあだ名され、サトルはヒノキオを通じて仲間たち、そして父親と触れあい、やがて心を開いていくのね。

フォーライフミュージックエンタテイ オムニバス/流星 YUI Seventiesフォーライフミュージックエンタテイ オムニバス/流星 YUI Seventies
¥2,771円(税込)送料別 カード利用不可

★ フォーライフミュージックエンタテイ 流星 YUI Seventies オムニバス/流星 YUI Seventies (FLCF-3942) 特徴・機能 どんな商品? 発売日:2003/02/26【収録曲】 [DISK1] 1.流星(吉田拓郎) 2.グッド・タイム・ミュージック(斉藤哲夫) 3.そんな暮らしの中で(風) 4.長いのぼり坂(長渕剛) 5.神田川(かぐや姫) 6.恋の歌(ラニアルズ) 7.また会おう(吉田拓郎) 8.ほおづえをつく女(風) 9.海になりたい(南こうせつ) 10.海岸通(イルカ) 11.人見知りの街の中で(立川義喜) 12.雨が空から降れば(小室等) 13.大いなる(吉田拓郎) 14.わかれ道(かぐや姫) 15.いくつもの星が流れ(ヒロスケ) 16.アビーロードの街(かぐや姫) 17.ルーレット(田口清) 18.夢一夜(ゆめひとよ)(南こうせつ) 19.あゝ青春(吉田拓郎) [DISK2] 1.巡恋歌(長渕剛) 2.歌ってよ夕陽の歌を(吉田拓郎) 3.星空(風) 他かぐや姫、吉田拓郎、長渕剛、イルカらが在籍し、70〜80年代の日本の音楽シーンに大きな影響を与えたYUI音楽工房。その創立30周年記念のコンピレーション・アルバムだ。かつて聴く者の“明日を生き抜く力”となっていた名曲の数々、いつ聴いてもその感動は変わらない。オムニバス/流星 YUI Seventies スペック情報品番/メディアFLCF3942/CDソフト組数2収録時間74M53S/67M42Sアーティストオムニバス
さらに詳しい情報はコチラ≫



| 歌詞

YUIのYUI のリンクについて

YUIのYUI のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。

>>[次]YUI
YUIのTOPへ
"YUI "のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。